小林賢太郎より

2011年3月14日現在

上演中の劇場が海沿いということもあり、
心配して下さった皆さんから連絡を頂きました。
僕は無事です。
スタッフもみんな元気です。

3月11日金曜日
僕は自分のアトリエで、その日の公演の準備をしていました。
午後2時46分、地震発生。
はじめはモニターなどの倒れそうなものをおさえてましたが、
揺れが長く、どんどん強くなってきたので、
「これはもうダメだ。逃げよう」
ということになり、避難。
とにかく劇場に向かうことにしました。
途中、車を運転していてもはっきりわかる大きな余震が何度かありました。
劇場に到着すると、
スタッフとすぐにミーティングが行われました。
セットや照明が乱れており上演は出来ません。
余震も続いています。
次々に情報が入ってきました。
東京の交通網が麻痺していること。
そして、東北の被害が甚大であること。
結果、僕らは帰ることができず、
そのまま劇場で一夜を過ごしました。
対岸では千葉県のコンビナート火災が空を赤く染めていました。
翌朝、
東京公演の中止を発表しました。

今後のライブに関して、僕は葛藤しています。
「こんなときに」という思いと、
「こんなときだからこそ」という思い。
僕がやるべきことは何だろう。
僕にしかできないことは何だろう。
表現者として、
人間として、
慎重に考えています。

連日テレビで放送される目を背けたくなるような光景に、
本当に胸を痛めています。
被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
犠牲になられた方々とご遺族の方々に深くお悔やみを申し上げます。
被災地の一日も早い復興をお祈り致します。
避難されている方々、頑張ってください。

日本の皆さん、乗り越えましょう。

小林賢太郎

地震の影響により『THE SPOT』の東京公演は中止になりました。

僕は無事です。
皆様のご無事をお祈り致します。

小林賢太郎

僕は無事です。

地震の影響により『THE SPOT』3月11日(金)の公演は中止になりました。

僕は無事です。
皆様のご無事をお祈り致します。

小林賢太郎

『THE SPOT』全国ツアー、はじまりました。

いよいよ始まったポツネン『THE SPOT』。
これからおよそ3ヶ月間かけて、全国12都市で上演されます。
東京、山口、広島、大阪、
新潟、福岡、静岡、京都、
札幌、仙台、横浜、名古屋。
どこもかしこも楽しみです。

『THE SPOT』はポツネンの集大成です。
音効をつかった一人芝居、
アナグラムとイラスト、
映像と手のパフォーマンス、など。
細工は流々。
劇場でお待ちしております。

小林賢太郎

問題

今、本番の1週間前です。
このタイミングで僕は何をやっているでしょうか。
再演ということもあり余裕たっぷりで、
のんびり健康管理でもしているでしょうか。

答えは、
ひとりでアトリエにこもり、
もうすぐ公開される作品の脚本を大改造している。
でした。

いつもそうです。
余裕なんてありません。
直前までコントをひっくり返して、
革命の連鎖に従う。

スタッフに言わせれば迷惑な話です。
せっかくプランしたことも、
何度も組み立て直すんですから。

申し訳ない。

でも、

行けそうなんだ。
あそこまで。
見えかかっているあそこまで。

あと一週間、
息継ぎなしでいきます。

賢太郎

もうすぐ。

小林賢太郎のソロライブ「ポツネン」の「 THE SPOT 」が始まります。
言葉、マイム、手。
音、灯り、映像、舞台全体に仕掛けたカラクリ。
いろいろ駆使したコントパフォーマンスをご覧いただきます。

現在はリハーサルの日々です。
昨年上演した「SPOT」をベースに作っていますが、
すごく進化しました。
もはやポツネンスペシャル。
上演が待ち遠しいです。

「 THE SPOT 」はいろいろな都市で上演されます。
風景、食べもの、人、どこも本当に魅力的。
地元の方はもちろん、
これをキッカケに行ったことない街での観劇もおすすめです。

賢太郎

『ポツネン氏の庭 ver. 2011』終了

『ポツネン氏の庭』へのご来場、ありがとうございました。
ライブハウスでポツネン。
本当に楽しかったです。
あの会場の中で、
僕が一番楽しんでたかもしれません。
またやりたいです。

時間も予算も限られた中、
スタッフの皆さんは本当に素晴らしい働きをみせてくれました。
ありがとうございました。
そして、
このたった3公演という限定ライブにも関わらず、
すっごく素敵なオリジナルポスターを作ってくれたgood design companyさん、
本当に感謝いたします。
いつもありがとう。

さあ、3月9日からはいよいよポツネン本公演『The SPOT』です。
この特別な舞台の為に、
頭と体と心の照準を丁寧に合わせていきます。

集中。

小林賢太郎

『ポツネン氏の庭』とは

この message のバックナンバーを眺めると、
日記のようにその頃のことを思い出します。
このサイトがリニューアルされたとき、
区切りがいいところから過去のものはカットしてましたが、
2011年2月4~6日『ポツネン氏の庭』を上演するにあたり、
前回『庭』を上演した2009年11月からのぶんを復活させました。
さて、
『ポツネン氏の庭』とは、
僕の一人芝居の短編集『ポツネン』のライブハウス公演です。
セットはありません、スクリーンも映像もありません。
舞台上にあるのはポツネンさんと、彼自身が運べる道具のみ。
いつもは追い込むだけ追い込んで目つきの悪い小林ですが、
「庭」だけはリラックスして楽しめる場でありたいと思っています。
どうぞ油断してお付き合いください。
札幌 cube garden でお会いしましょう。

小林賢太郎

『 ポツネン THE SPOT 』

やります!
2010年前半に上演した『 SPOT 』は、
皆様から大変ご好評をいただきました。
ありがとうございました。
しかし限られた公演数で、
チケットが手に入らなかったという声も多くいただきました。
お待たせしました。
この春から『 THE SPOT 』として全国で上演します!
東京、山口、広島、大阪、新潟、福岡、静岡、京都、札幌、仙台、横浜、名古屋。
『 THE SPOT 』は、
僕にとって宝物みたいな作品です。
皆さんの街まで、
大事にお届け致します。
劇場でお会いしましょう。

小林賢太郎

K.K.T.V.ジャケット撮影!

実にエキサイティングな体験であった。
『小林賢太郎テレビ1・2』のDVD&Blu-rayのジャケット撮影が、である。
なんとワタクシことポツネン氏、
自宅の図書室と工作室で、
空中浮遊している

…ように見える写真を撮影しました。
写真をよく見るとどんなカラクリで撮影したかが分かるようになっています。
この美しくて不思議な写真を作ってくれたのは、
グラフィックコレクティヴ『 Nam 』。
「ナム」と読みます。
グラフィックデザイナーの中沢貴之さんと、
フォトグラファーの間仲宇さん、
彼らを中心に活動しているアーティストチームです。
浮遊のカラクリのみならず、
様々な要素が折り重なって、
実にNamらしい、
しかも小林賢太郎らしい、
見事な作品になったと思います。
本当にありがとうございました。

浮いてるポツネン氏、
衣装もまた不思議なものをお召しです。
スタイリングは伊賀大介氏。
面白かったね!ありがとう!

そしてこの夢のようなプロジェクトは
グッドデザインカンパニー水野氏の指揮により現実のものとなりました。
今回もたっぷりお知恵を拝借しました。
親分、いつもありがとう。

ご協力頂いた皆さん、
とても過酷な現場だったと思います。
お疲れさまでした。
本当にありがとうございました。

一流の表現者に必要なものは、
才能と努力と人。
どれかひとつ、ではなく。
ぜんぶ。
アイデア出しから、立て込み、撮影、撤収まで、
その空間はずっと、
一流の表現者達で満たされていた。
年に何秒か「幸せだ」と感じる。
今回の撮影の後、僕は幸せだった。

小林賢太郎

上へ
前へ