小林賢太郎からのメッセージ

質問をくれた方へ

 劇場に来てくれたお客様からのアンケート用紙や、お手紙などで、僕宛の質問をたくさんいただきました。
 演劇部員や劇団員など、舞台を目指す方からの質問があると、やっぱりなんとなくで答えるわけにはいきませんね。僕は現役の舞台人ですから。
 その他のかわいいやつも含め、頑張って10問にお答えしました。必要としている人に届きますように。
(※内容が重複しているものや、長文の質問は、内容が変わらない範囲でまとめさせて頂きました)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q;大人たるもの、どうあるべきでしょうか。
(23歳・男性・会社員・他)

A;最近あらためて「僕はまだまだ大人ではないな」と思いました。
 ないものをつくるということは、とても苦しくて消耗します。そんな弱ってるときに全く違う角度からのストレスが現れると、本当に逃げ出したくなります。そんなとき、大人としての本質が試されるんだと思います。
 僕にとっての目指したい「大人」は、前線から逃げ出さない強さと、人を許せる優しさを持った人。あと、ちょっとの鈍感さもほしいかな。みなさんはどう思いますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q;私は将来、美術系の大学に進学したいと思っています。高校生のうちにやっておいたほうがいいことはなんですか?
(16歳・女性・学生)

A;デッサンです。D・E・S・S・I・N、デッサン!。中でも石膏像ね。似てる似てないがわかりやすいから、正確にデッサンできているかどうかを判断しやすいですし。また参考作品が多い分、下手なら自分にちゃんとバレる。鍛えるのにもってこいのモチーフです。自分のデッサンを疑って疑って、デッサン力を1ミリでも上げてください。「絵が上手になる」ということは美大受験に役立ちますが、それ以上に「出来ないことが出来るようになる」という経験をすることは、その後の表現者としての人生に必ず役に立つと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q;私はよく仕事でアイデアが思い浮かばず、しょっちゅう困ってしまいます。賢太郎さんは、どうやって抜け出していますか?
(42歳・女性・会社員・他)

A;アイデアは僕も浮かんできたりしませんよ。アイデアとは、神が授けるお告げではありません。必要な思考のプロセスを経て、自力で到達するものです。
 「アイデアを練る」とはよく言ったもので、粘土という素材を練って、器に形にして、焼いて、……。そんな必要な工程を経て茶碗が出来上がるように、アイデアを生み出すのにもプロセスがあるのです。「思いつく」というよりは「たどりつく」という感じです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q;何をしている時が一番楽しいですか?
(16歳・女性・高校生)

A;コント。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q;しろい、ふわふわの、いぬを、かうとしたら、どうゆうなまえに、しますか?おしえてください。
(6歳・男性・小学一年生)

A;ライス。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q;好きなアイスの味はなんですか?
(19歳・女性・販売業)

A;バニラにエスプレッソかけたやつ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q;私は劇作家の勉強中の身です。 小林さんはいくつかの作品を同時進行する時、机をかえると聞いたことがあります。私はもちろんアトリエもなく、机も一つです。そんな時、うまく切り替えるコツはありますでしょうか?
(29歳・女性・イタリアンのサービス)

A;僕がワンルームに住んでいた頃は、床に座って椅子を机にしてみたり、コーヒーショップをハシゴしたり、図書館に行ったり、うろうろやってました。
 こういうことも、自分で考えて解決することが、クリエイターとしての訓練。がんばってね!
 あ、今僕のアトリエには、僕の机が大小合わせて6個あります。ふぇっふぇっふぇ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q;役者をやってみたいと思っているのですが、どうしても一歩を踏み出すことができません。どうしたらいいでしょうか。
(20歳・男性・学生・他)

A;こういう相談、わりとあります。まとめてお答えします。
 答えはひとつ。踏み出せないのなら、無理にやらなくていいと思います。星の数ほどいるライバルたちが「しめしめ、ひとり減ったぜ」と思うだけです。
 「いやいや賢太郎さん、そこまで本格的に目指したいわけではなくてですね」なんて思った方、相談する相手が間違っています。僕はプロの舞台人です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q;大学で、舞台に関わるお仕事の勉強をしたいと考えています。なにか、学生のうちにしといたらイイっていうものはありますか? 舞台監督になりたいです。
(18歳・女性・高校生)

A;コミュニケーション能力を上げてください。伝える力と聞く力。礼儀と挨拶。
 現場ではとても高度なやりとりが要求されますので、最低限のことはその前にできておくといいと思います。
 ちなみに、僕の尊敬する舞台監督にこんな質問をしたことがあります。「裏方を学ぶところにもいろいろありますが、どこ出身のやつが一番使えますか?」と。すると、舞台監督は迷わず答えました。「1日でも早く現場に入ったやつ」だそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q;劇団で座長をやっています。どんなに言ってもやる気がない役者がいます。どうすればいいですか? (22歳・男性・大学生・他)

A;こういう相談も、わりとあります。「役者によって熱量にバラつきがあり、欠席する人までいる……」とか「新入部員に自分勝手なやつが……」とか「何度注意しても遅刻する劇団員が……」など。

 おしなべて言うと、こうです「組織の中に困ったやつがいます。どうしたらいいですかね、賢太郎さん」。(おしなべてすいません)

 質問をくれた方々の共通点は、みなさん、リーダーだということ。お疲れさまです。
 カジャラの冠に「コントマンシップ」とあります。(ship;精神)
 さらに僕にはもう一つ、皆さんと同じ「リーダーシップ」という大事な仕事があります。リーダーを、もう20年近く仕事にしてきました。
 リーダーの仕事には、外部から見えるものと見えないものとあります。前線で指揮をとっている姿は、周りからも見えます。しかし何かトラブルがあれば、逆に見せないように、表に出ないようにしなければなりません。リーダーって先頭にいるけど、裏方なんです。
 でもね、世の中にはリーダーの努力を汲み取らず、存在を軽んじている人っているもんです。そういう人には、たいてい悪気があるわけじゃないんです。ただ、リーダーをやったことがないんです。自分のためにリーダーがなにかしてくれることを、うっかり当たり前だと思っているんです。

 ちょっと思い切ったアドバイスをします。
 あなたを悩ませる人にはいろいろなタイプがいると思いますが、ある程度しっかり向き合ったら、自分で限界を見極めて、いつかは心の距離をとってください。
 この考えを、冷たいと思う方もいるかと思います。「いやいや、それでも私は、相手が分かってくれるまで根気よく向き合うんだ!」って。それなら、その優しさで、やる気のない人と向き合い続けてください。かつての僕がそうでした。
 でもね、そうして立ち止まっている間にも、やる気のある演劇集団は、将来に向かってどんどん前進してますよ。

 相手の性格を直すだなんて、おこがましいことです。だって、あなたは座長であって、劇団員の親じゃない。それぞれ自立した大人が協力しあって、社会は成り立っているのです。歩こうとしない相手を無理やり歩かせようとすることは、あなたも一緒に立ち止まってしまうことになるんです。

 最後に。
 メンバーを褒めたり心配したりするのはリーダーの大事な仕事。でも、リーダーのことは誰も褒めてくれません。だから、僕でよければ、今ここで。

 「お疲れ様です!あなたはよくやった。ちゃんと人と向き合って、ゆずって、我慢して、改善につとめてる。でも、あなたが傷つきすぎてしまわないようにね。次のプロジェクトに支障が出てしまいますよ。だってあなたはリーダーなんだから。」

                                  小林賢太郎

シアターD、閉館

 僕たちがコントを学んだ渋谷の老舗ライブハウス、シアターDが、20年の歴史に幕を閉じました。支配人にご挨拶に行って来ました。彼は僕の同年代の友人でもあります。シアターDの「D」ってなんだ? という話になりました。僕たちの出した結論はこうです、「でたらめのDだな」。
 デタラメでした。何も知らない若者らが、ああでもないこうでもないと、あらゆる手を尽くして、なんとか目の前にいるお客さんを笑わせる。あの場所があったから、今の僕があります。

 

『カラフル忍者いろまき』公開です

 アニメ作品の監督をしました。タイトルは『カラフル忍者いろまき』です。その名のとおり、いろいろな、色々の、忍者たちが登場します。小さなお子様向けの作品でして、時間も30分ちょい。なんて観やすい短かさ! うっかり何度も観ちゃう! ご家族で、ぜひ。

小林賢太郎

文芸誌で連載をもつことになりました

  月刊文芸誌「小説幻冬」に、短編小説の連載をさせていただくことになりました。一話完結の読み切り作品です。タイトルは「こばなしけんたろう」。どうですか。抜けるでしょう、ちからが。

 連載というかたちで作品を発表するのはなかなか久しぶりです。毎号楽しい読み物になるように頑張ります。創刊号は本日、10月27日発売です。よろしくお願いします。

小林賢太郎

カジャラ豊橋公演、そして大千秋楽

 コントマンシップ KAJALLA#1『大人たるもの』豊橋公演にご来場ありがとうございました。穂の国とよはし芸術劇場。噂に違わぬ素敵な劇場でした。満員御礼。ありがとうございました。
 東京、大阪、横浜、豊橋、これにて全公演終了です。カジャラの旗揚げに立ち会っていただいた3万人を超えるお客様、本当にありがとうございました。
 今回カジャラで上演されたのは11本のコントです。まだ、たったの11本。つくりたいコントのアイデアはまだまだたくさんあります。0から1を生み出すということはとても大変だけれど、皆さんの笑い声や拍手は、確実に僕の力になっています。ありがとうございます。
 コントを続けていくために、たどり着いたのがカジャラという場所。コントマンシップに則り、正々堂々と上質なコントを目指します。

小林賢太郎

カジャラ横浜千秋楽

 コントがコントになろうとしている。ツアーが始まって1ヶ月、ミリ単位の修正を積み重ね、ここまできました。
 横浜公演、全14ステージ。ご来場、まことにありがとうございました。
 何年も準備に費やして、やっとこうして歩き出したコント集団カジャラ。新しいことを始めた報告を、かつて青春時代を過ごしたこの街に報告に来たような、そんな気分です。ヨコハマ・カジャラ、いい響きだな。

 さあ、次は最後の地、豊橋です。宜しくお願いします。トヨハシ・カジャラ、あ、これもいいな。

小林賢太郎

カジャラ大阪千秋楽

 強烈な充実感を日々かみしめております。客席からいただく笑い声には栄養があるみたいで、花に水をやるように、コントはやればやるほど面白くなります。
 大阪14公演。暑い中たくさんのお運び、本当にありがとうございました。夏休みということもあり、少年少女らの姿も。いつも公演後のアンケートには「おもしろかった」とか「また観たい」とか、ありがたい感想をいただくのですが、今回は「僕もああなりたい」というのがありました。親御さん「あんなんなっちゃいけないよ」と、きちんとご指導願います。
 8月17日から、横浜公演が始まります。皆様のご来場をお待ちしております。

小林賢太郎

「カジャラ」東京公演終了

 コントマンシップ KAJALLA#1『大人たるもの』。東京グローブ座での公演が無事に終了しました。生まれたてのカジャラコント、日々成長しています。これも、観に来てくれたお客様あってこそ。ご来場まことにありがとうございました。

 8月3日からは大阪公演が始まります。夏休みですね。大阪にコントを観に来ませんか。サンケイホールブリーゼでお待ちしております。

小林賢太郎

「カジャラ」旗揚げです

 カジャラ #1『大人たるもの』が、東京グローブ座からいよいよ始まります。僕も若干興奮気味です。ここ数ヶ月、コントづくりに夢中でした。大変だったけど、メンバーの献身的な協力で、ぐいぐい形になっていきました。
 上演時間は2時間くらいあります。お手洗いは開演前にお済ませください。そして、携帯電話は電源オフでお願いします。
 カジャラ一同、コントマンシップにのっとり、心を込めて上演いたします。どうぞよろしく。

小林賢太郎

小林賢太郎テレビ8、ご視聴ありがとうございました

 僕のコント番組「小林賢太郎テレビ8」が、無事にオンエアされました。この番組も8年目を迎えたのですね。そろそろ慣れてきて余裕が出るか……と思いきや、一番大変だったんじゃないだろうか。とても勉強になりました。
 ご覧の通りの奇妙な内容でしたが、何度か見るといろいろ気がつくこともあるかと思いますので、末長くお楽しみいただければと思います。ご視聴ありがとうございました。
 昨夜のオンエア、なんと、出演者全員で一緒に観てました。まさか本当にみんなのスケジュールが揃うとは……。スタッフの皆さんも、偉い人も若い人も勢ぞろい。なんか、僕の送別会みたいだったな。皆さんに直接お礼を言う機会ができてうれしかったです。
 僕としては、やれることは全部やりました。反省しないで次に向かっております。さあさあ、カジャラカジャラ。カジャラがくるぞ。

小林賢太郎

上へ
前へ