小林賢太郎より

K.K.T.V.ジャケット撮影!

実にエキサイティングな体験であった。
『小林賢太郎テレビ1・2』のDVD&Blu-rayのジャケット撮影が、である。
なんとワタクシことポツネン氏、
自宅の図書室と工作室で、
空中浮遊している

…ように見える写真を撮影しました。
写真をよく見るとどんなカラクリで撮影したかが分かるようになっています。
この美しくて不思議な写真を作ってくれたのは、
グラフィックコレクティヴ『 Nam 』。
「ナム」と読みます。
グラフィックデザイナーの中沢貴之さんと、
フォトグラファーの間仲宇さん、
彼らを中心に活動しているアーティストチームです。
浮遊のカラクリのみならず、
様々な要素が折り重なって、
実にNamらしい、
しかも小林賢太郎らしい、
見事な作品になったと思います。
本当にありがとうございました。

浮いてるポツネン氏、
衣装もまた不思議なものをお召しです。
スタイリングは伊賀大介氏。
面白かったね!ありがとう!

そしてこの夢のようなプロジェクトは
グッドデザインカンパニー水野氏の指揮により現実のものとなりました。
今回もたっぷりお知恵を拝借しました。
親分、いつもありがとう。

ご協力頂いた皆さん、
とても過酷な現場だったと思います。
お疲れさまでした。
本当にありがとうございました。

一流の表現者に必要なものは、
才能と努力と人。
どれかひとつ、ではなく。
ぜんぶ。
アイデア出しから、立て込み、撮影、撤収まで、
その空間はずっと、
一流の表現者達で満たされていた。
年に何秒か「幸せだ」と感じる。
今回の撮影の後、僕は幸せだった。

小林賢太郎

上へ
前へ