小林賢太郎より

『うるう』名古屋公演

テレピアホールへのご来場、ありがとうございました。

ツアーの半分を終えて気がついたこと。
過酷。
「いやいや、何を今更」と冷静なスタッフ。
ですよねえ。
自分で作っといて、本番後、立てない馬鹿ひとり。
でも、疲れがいがあるんです。
全力で演れば、そのぶんお客さんに伝わる。
『うるう』はそういう作品です。

次は仙台です。よろしくお願いします。

小林賢太郎

上へ
前へ