小林賢太郎より

劇団「開幕ペナントレース」を知っていますか?

 出会いは数年前のニューヨークでした。演劇フェスティバルに日本から唯一参戦していた劇団があったので、観に行ってみました。するとどうでしょう。滅茶苦茶だったのです。完全にカタカナの英語の発音、信じられない大声と大汗。エンターテインメントの聖地に深々と爪痕を残した彼らに、僕のハートは一瞬にして奪われました。凄くクセのある作風ですので、好みはあると思います。観て感動するかどうかも自信ありません。でも、ビックリはすると思います。この秋、新作公開です。ビックリしに行ってみてください。

賢太郎

上へ
前へ