小林賢太郎より

もうすぐ開幕「振り子とチーズケーキ」

稽古の日々。
心と身体と頭、すべてを使い切って、おじさん2人、頑張っております。
稽古というのは、既にあるものを覚える作業ではありません。
まだこの世に存在しない、まだ誰も見たことがない作品を、
探り出し、磨き上げ、完成させるという、べらぼうに難しい現場です。
しかしそこはそれ、
やればやるほど面白くなるんですもの、
どんなに大変でも頑張りますとも。

「振り子とチーズケーキ」は、小さな演劇作品です。
たった2人の役者が演じる、狭くて広い、少し不思議な物語。
劇中に世界中のおいしいものが登場しますので、
終演後はお腹がすくかもしれません。
あしからず。

では、劇場で会いましょう。

小林賢太郎

上へ
前へ