小林賢太郎からのメッセージ

「振り子とチーズケーキ」大阪

沢山のご来場ありがとうございました!
14回のステージ、どれも最高でした。
会場となったABCホールは、ツアーの中で一番小さな会場です。
実は「振り子とチーズケーキ」は、この劇場を想定してつくったものでした。
思った通り、スポッとおさまった感じがしました。
大阪滞在中、劇団四季のライオンキングを観に行きました。
何度見ても素晴らしい。ダイナミックで、とても感動しました。
そして、自分が上演している作品の小ささに、あらためて面白さを感じたのでした。
10月に始まったこの全国ツアーも、ここまでで45公演。
上演は回を重ねるごとにやることが増えていきます。
それはセリフやギャグが増えているということではなく、精度のこと。
なにもないところから演劇をつくって上演するのですから、
100回くらいは明確に進化して当然です。
エンターテインメントに完成はありません。
もしかしたら1万回やったってまだ改善点があるのかもしれない。
つま先の方向一つでセリフの印象は変わります。
その積み重ねは、きちんと観客の反応に現れます。
ならば、追い込み続けるしかない。
さあ、あとは最後の地、東京グローブ座です。
一回一回を大切にまいります。よろしくお願いします。

小林賢太郎

「振り子とチーズケーキ」
作・演出 小林賢太郎
出演 竹井亮介 小林賢太郎
声の出演 森屋さちよ
音楽 徳澤青弦
2013年10月9日~12月26日
全国ツアーで上演中

上へ
前へ