小林賢太郎より

爆笑オンエアバトルが終わるのですね

 今から15年前、1999年3月。渋谷のNHKにある最大のスタジオ「101」で、第一回「爆笑オンエアバトル」の収録がおこなわれていました。僕はラーメンズとして参加させて頂きました。楽屋では出演者のみなさんが厳しい目で他の芸人さんのネタを観ていました。「これはいったな」とか「うわー、ウケてるじゃん」とか言って。そんななか、僕と片桐仁はひとのネタを観て大爆笑していたのを覚えています。不真面目だったわけではないんですよ。コントが好きなんです。やるのも観るのも。
 オンエアバトルでは沢山のことを勉強させて頂きました。このたび番組が終わるときいて、珍しく昔を振りました。
 あれから15年後の今日、偶然にも同じ101スタジオで「小林賢太郎テレビ」を収録しています。「僕はまだここでコントをやってる。15年、何も変わってないじゃないか」なんて思いながら、変な衣装でコーヒーをすする小林賢太郎。まだまだ、ここからここから。

小林賢太郎

上へ
前へ