小林賢太郎より

東京公演、コクーン、終了

 bunkamuraシアターコクーンにご来場、ありがとうございました。「ポツネン氏の奇妙で平凡な日々」は、日本を一周して、無事東京に帰ってきたわけです。意思を持つのが早い作品でした。作品が「こうなりたいぞ」と言えば、僕は奴隷のように働きました。そのかいあって、上演するごとに磨きがかかっていったと思います。初めてのシアターコクーンは、とても充実した7ステージでした。

 次はツアー最後の地、福岡です。気合い入ってます。宜しくお願いします。

小林賢太郎


小林賢太郎ソロパフォーマンス『ポツネン氏の奇妙で平凡な日々』作品紹介はこちら。▶︎

札幌公演、涼しく終了

 かでるホールにご来場、ありがとうございました。
 旅芸人歴15年、もう何度も訪れている札幌は、もはや懐かしさを感じさせてくれます。いつものように、心を込めて上演させていただきました。
 「ポツネン氏の奇妙で平凡な日々」は7月の東京グローブ座公演から数えて、上演が30回を超えました。昨年の東京、パリ、ロンドンも合わせれば50回近くになります。1ステージごとに作品は磨かれ、今では作品も演技者も、なかなかに仕上がってきています。ここから先も、緊張感を持って頑張ります。

 さあ、次は本拠地、東京です。宜しくお願いします。

小林賢太郎


小林賢太郎ソロパフォーマンス『ポツネン氏の奇妙で平凡な日々』作品紹介はこちら。▶︎

広島公演、カキンと終了

 アステールプラザにご来場、ありがとうございました。
 旅芸人の小林は、上演する土地土地で、隙間を見つけてはお客さんになるようにしています。買い物したり、外食したり、他のカンパニーの劇場に行ったり。プロ野球のご当地球団を応援しにいったりもするのですが、中でも広島カープとの相性が良い。偶然なんだろうけど、僕が行くと勝つんです、カープ。前回ここに「どかーんと景気よくやってみよう」と書きました。その翌日、マツダzoomzoomスタジアムにいったら、ホームランが出るわ出るわ。ソロ、ツーラン、満塁アーチ。感動して小林は泣きました。
 広島に楽しませてもらったぶん、僕も広島を楽しませるぞ。そんな意気込みで挑んだ二日間の公演は、とても上手くいったと思います。ありがとう広島。ありがとう新井選手。

 さあ、次は札幌です。宜しくお願いします。

小林賢太郎


小林賢太郎ソロパフォーマンス『ポツネン氏の奇妙で平凡な日々』作品紹介はこちら。▶︎

大阪公演、全7ステージが無事に終了

 サンケイホールブリーゼに沢山のご来場、まことにありがとうございました。満員御礼申し上げます。
 二日目、昼公演が終わると、鬱陶しいくらいにまぶしかった青空が雷雨に急変。ビルの奥にある楽屋にも、ドーン、ドーン、と聞こえました。夜公演が終わり、帰り支度をしていたら、またしても、ドーン、ドーン。ただし、昼のそれとは少し様子が違う。ドーン、ドーン、、、ドドドドドドン!それは、打ち上げ花火でした。音に誘われるまま、タクシーの運転手さんに少しだけ遠回りをしてもらいました。連続のステージで体は疲れていましたけれど、カラフルな大阪の空を黙って見ていたら、少し元気が出ました。僕も、こうありたい。観に来てくれたお客様に、なにかしらポジティブな変化をしていただけるような、そんな作品をめざして、がんばります。
 ツアーはまだまだ続きます。後半戦も、どかーんと景気良くやってみよう。次は広島です。宜しくお願いします。

小林賢太郎


小林賢太郎ソロパフォーマンス『ポツネン氏の奇妙で平凡な日々』作品紹介はこちら。▶︎

名古屋公演終了

 名古屋市芸術創造センターに沢山のご来場ありがとうございました。満員御礼申し上げます。
 全3ステージ、一回一回がとても充実していました。面白いと思います、「ポツネン氏の奇妙で平凡な日々」。

 次は大阪です。よろしくお願いします。

小林賢太郎


小林賢太郎ソロパフォーマンス『ポツネン氏の奇妙で平凡な日々』作品紹介はこちら。▶︎

上へ
前へ