小林賢太郎より

『 K.K.T.V.9 』と『 カジャラ#2』がテレビで放送されます。

 年に一度のお楽しみ、コントの番組『小林賢太郎テレビ』。今年で9作目になります。
 ドラマパートのゲストは、大森南朋さん。そして、壇蜜さん。あんな艶のあるお二人と、パッサパサな僕なんかが同じ画におさまって、はたしてどうなる。
 そしてコントパート。カジャラ軍団、総力を挙げて収録中です。なかなか濃いのが撮れてます。
 そして番組恒例、お大根と、もとい「お題コント」。今回のは、なんと……! お楽しみに。
 2017年12月10日放送予定です。

 そしてそして、この春上演されたコント公演、カジャラ#2『 裸の王様 』が、NHK BSプレミアムで放送されます。12月17日放送予定です。
 あわせてどうぞ。

小林賢太郎

絵本の翻訳をしました。

 このたび『オレ、カエルやめるや』という絵本の翻訳をしました。
 主人公は、おたまじゃくしからカエルになったはずなのに、なんと「次は何になるか」を本気で考えています。ああ、なんという愛すべき身の程知らず!
 この絵本のメッセージは「夢を見るな」ということではありません。「せっかく与えてもらった向いてることを、見逃しちゃもったいない」ということです。
 かつて演劇のセリフに「イクラがキャビアになろうとするな。シャケになれ!」というのを書いたことがあります。これが僕の考えです。
 その点この絵本は「自分を知る」ということを、奔放なカエルくんをとおして、楽しく考えることができます。実は、なかなかの哲学書です。
 直訳では伝わりにくいことも、できるだけ感覚的に楽しめるように、注意深く翻訳しました。
 ぜひ親子でこれを読んで、子どもたちには存分に、無茶な将来の夢を語っていただきたいものです。

小林賢太郎

業務連絡です。異動になりました。

 僕のこれまでの著作物がすごい量になってきたので、管理・運営してくれる専用の会社ができることになりました。トゥインクル・コーポレーションと同じ経営陣による、ちっちゃな制作会社です。このたび小林賢太郎は、そちらに異動になりました。
 といっても、変わるのは関係者用の連絡先くらいで、社長からも「賢太郎のやることは今までどおり」とのこと。マネージャーを含むスタッフも、みんなこれまでどおりです。新体制になってもますますがんばります。引き続き宜しくお願いします。
 以上、業務連絡でした。

 株式会社スタジオコンテナ
 小林賢太郎

『 TAKEOFF ~ライト三兄弟~ 』10周年企画

 2006年に初演された演劇作品『 TAKEOFF ~ライト三兄弟~ 』。2007年の大千穐楽から、来月でちょうど10年経ちます。お客様から「あれが好き」と言っていただけることも多く、僕も思い入れのある作品です。
 DVDで見返すたびに思うことがありました。それは「あんなにメイキングが楽しかったのに映像特典なしか……。副音声で解説くらいしてもよかったかな……」なんてこと。
 そこで10年ぶりに、この作品にもう一度光を当ててみよう! ということになり、こんな企画が持ち上がりました。

「 K.K.P. 副音声ライブ!
 『 TAKEOFF ~ライト三兄弟~ 』を劇場のスクリーンに映して生解説」

 開催は11月24日。場所は新神戸オリエンタル劇場。この作品が最初に上演された劇場です。
 このイベントでは時間を有効に使うべく、作品全体のプレーンの上映はいたしません。あ、プレーンというのは飛行機ではなく、純粋な、という意味ね。
 ダイジェストで場面を選び、ちなんだ創作秘話や当時の裏話などをお楽しみいただきます。ご参加いただく場合は、今一度DVDでのおさらいをお勧めいたします。
 10年ぶり、1日限定の再離陸。初の試みなので、僕もわくわくしています。おみやげつけます。ゲストあり。お楽しみに!

『 TAKEOFF ~ライト三兄弟~ 』
脚本・演出担当
次男・シノダ役
小林賢太郎

「カジャラ#3」新作コント公演やります

 やりますよ、新作コント。トップページにも情報が出てますが、カジャラ#3『働けど働けど』上演決定です!
 コントのおじさんたち、働きます。よろしくお願いします。

 小林賢太郎

上へ
前へ