小林賢太郎より

クロコのオーディションを行いました

 カジャラのコント公演「働けど働けど」に参加していただく、クロコのオーディションを行いました。厳しい条件だったにもかかわらず、たくさんのご応募、本当にありがとうございました。
 最終選考に残ったのは4人。ひとりずつしっかり面談して、無事、今回のクロコが決定しました。
 合格したのは、匁山剛志さん。もんめやまつよしさん、です。僕、最初読めなくて、「ねぎやま?」なんて言ってましたが「もんめやま」さんでした。応募者最年長。合格のポイントのひとつは、私服で動いててもクロコっぷりをイメージできたこと。一緒にコント公演をつくっていく仲間に彼を迎え入れることを、とても嬉しく思います。
 今回残念ながら不採用だった候補者の中には、他にもいろいろな技術や魅力のある人がたくさんいました。皆さんとは、今後もご縁がつながっていけたらいいなと思っています。せっかく出会えたんだし。
 クロコは顔が出ない仕事です。中には所属事務所を説得してまでも、このオーディションを受けてくれた役者さんもいらっしゃいました。「小林賢太郎作品に関わりたい」と、情熱をもってアピールしてくれる人が、こんなにもいてくれるだなんて。ちょっとびっくりしました。光栄なことです。
 これからも、そんな声にはできるだけ応えていきたいと思っています。オーディション参加者の皆様、お疲れ様でした!

小林賢太郎

上へ
前へ