小林賢太郎より

カジャラ「働けど働けど」大千穐楽

 新作コント公演、カジャラ#3「働けど働けど」静岡公演が終了しました。グランシップにご来場のみなさま、ありがとうございました。あの熱い拍手は、ちゃんと肺に入りました。

 数ヶ月前の稽古場で、最後のコント「倉田は働く」の台本初稿を読んだとき、みんなが拍手をしてくれました。20年やってきて初めてかもしません。

 出演者のみんなは、惜しみない努力と、最高の技術を注いでくれました。「働けど働けど」は、コント集団カジャラとして、納得のいくクオリティに達しました。

 アンケートにある「コントをやりたい」という若者たちの声。楽屋を訪れてくれた役者たちからの「俺を出せ」という嬉しすぎる声。このカジャラという、コントが職業として成り立つ数少ない場所を、僕らは大切にしていきたい。

 全42ステージ、これにて終了。オレンヂ、健一親分、のまっち、竹井さん、本当にありがとう。お疲れ様でした!!

小林賢太郎

photo by Tuboq

上へ
前へ