小林賢太郎より

「P+」上演開始

 ソロ公演「 ポツネン ” P+ ” 」。全国ツアー、スタートです。よろしくお願いします。

小林賢太郎

ボクらの時代

 何百年ぶりでしょうか、民放に出演させていただきました。フジテレビ「ボクらの時代」という対談番組。共演は、いとうせいこうさんと、バカリズムさん。30分の番組ですが、収録では2時間みっちり本気の笑い論。とても勉強になりました。
 せいこうさんとは知り合ってずいぶん経ちますが、久々にゆっくり話せて嬉しかったなあ。共通言語も多くて、話が本当に面白い。雑学をつまみに、是非呑みに連れ回されたい。
 そしてヒデザル、アトリエと劇場の往復しかしてない僕を、日の当たる場所に連れ出してくれてありがとう。またどこか変な場所で大喜利猿やりましょう。

 僕は、メイキングはあまり観客に見せるものではない、と思ってます。手品はタネを知らないから不思議が成立するわけです。けれど、僕だってかつて沢山の先輩クリエイターの方々のメイキングを見て、刺激を受け、今につながってきている。必要としてくれる人がいるのなら、伝えていってもいいんだな、と思いました。

 さて、現在小林は「P+」にかじりついております。濃いです。特別な作品になると思います。劇場で会いましょう。よろしくお願いいたします。

小林賢太郎

40歳になりました

 思えばここまで「自分は何が好きなのか」ということに真っ正直に生きてきました。

 小学生のときは漫画家になると信じて疑いませんでした。ストーリー作って、ギャグ考えて、学級文庫に並べる同人誌をつくることに没頭してました。

 中学生のときはマジシャンになりたくて、勉強そっちのけで手品の練習に没頭していました。デパートのマジック用品売り場に入り浸り、考えた手品のアイデアを実演販売のおじさんに報告する日々。今思えばうっとうしい子供ですねえ。

 高校生になって、美大受験の為にデッサンに没頭しました。部活は演劇部。やってたのは演劇じゃなくてお笑いだったけど。
 18歳。美大に入って、サークルつくって漫才に没頭しました。芸人になりたくてネタのことしか考えてなかったなあ。教授、すいません…。

 20代はとにかく「ラーメンズ」に没頭しました。買うもの、着るもの、食べるもの、生活のすべてをコントのためになってるかどうかで判断。バカです。
 元演劇部のくせに、演劇「K.K.P.」を始めたのは20代の最後からでした。

 30代。みんなのおかげでTAKEOFFできました。ソロパフォーマンス「ポツネン」と「小林賢太郎テレビ」に没頭。それから初の一人芝居「うるう」と初の海外公演「ポツネン"P"」。挑戦のようで、実は答え合わせだった、そんな経験でした。

 ずっと何かに没頭してきました。絵を描くことも、手品の練習も、コントも演劇も、全部今日まで続いてきています。
 「40までは下積み」そう思ってやってきました。でも実際その歳になった今、僕には学びたいことも、出来るようになりたいことも、まだまだ沢山あります。あれ?ってことは一生下積みなのかな。それでいいです、僕がやるべきことは、常に目の前にあるつくりかけの作品を良くすることだけ。

 これまでと変わらず、上質なエンターテインメントを目指し続けます。よろしくお願いします。

2013年4月17日
小林賢太郎

「K.K.T.V.5」放送日時決定!

 「小林賢太郎テレビ5」の放送日が決まりました。

5月26日(日)午後10時50分から、
NHK BSプレミアムでオンエア。

です!
ちょこっと内容紹介。
 コントゲストは竹井亮介さんと辻本耕志さん。やはり舞台での共演歴の長い
彼らとは、スタジオでも息ぴったしでした。
 ドラマゲストには大泉洋さんと犬山イヌコさん。5年目にしてこの贅沢。不
気味で、のどかで、おかしなストーリーに仕上がりました。お楽しみに。
 そして、お題コント。いや~、今回も大変だった!相変わらずの短期集中決
戦に、詰め込めるだけ詰め込んでみました。どうして僕はこう自分の首を絞め
るのかしら。コントオバケに取り憑かれてる自覚あり。
 きっと楽しんでいただけると思います。どうぞよろしくお願いします。

小林賢太郎

「K.K.T.V.5」クランクアップ!

 「小林賢太郎テレビ5」の撮影が終わりました。これから編集に入ります。
あやしげなコントが沢山できました。ドラマパートもかなり豪華です。早く
観せたい!
 放送日程は近日発表。お楽しみに。

賢太郎

日本凱旋公演決定

 昨年、ソロコント公演「P」をヨーロッパで上演しました。そして、やっと
日本全国の皆さんにお見せできることになりました!凱旋公演、決定です。

 「P」は海外向けでしたので、日本語のわからないお客様でも楽しんでいた
だけるような構成でした。無言劇、効果音コント、映像との共演。絵で伝えた
り、何語でもない言葉でまくしたてたり、もー、あの手この手。
 初の海外公演、それはもうべらぼうに勉強になりました。人が「面白い」と
感じるしくみを、より客観的に見ることができたと思います。

 今回は日本国内でのツアーですので「P」に日本語の要素をプラス!贅沢に
まいります。
 もちろん、本体「P」もググッと成長させますので、一度ご覧いただいた方
にもお楽しみいただけると思います。
 初夏、劇場でお会いしましょう。

小林賢太郎

動きだしてます

小林賢太郎のコント番組「小林賢太郎テレビ」。
新作の準備中です。
しばらくお待ちください。

小林賢太郎

謹賀新年、質問をくれた方へ

 あけましておめでとうございます。活動の隙間がちょうど年越しと重なり、少しだけゆっくりさせてもらいました。作るか見せるかしてないと、すぐ不安になっちゃうんですけどね。

 ところで、後輩の芸人や役者から相談を受けることがなんだか増えてきました。僕は先生ではありません。作家として、演技者として、ここから頑張らなきゃならないことが山ほどある。まだまだ学ぶ側の立場の僕です。
 公演のアンケートやお手紙で、コントや演劇の道に進みたいという方からの質問をいただくこともあります。よく聞かれる質問や、中にはとても重要なものも。
 実際にひとりひとりに対応することは出来ていません。ごめんなさい。今からここに返事を書きます。これを必要としてくれる人に届きますように。

Q;コントや演劇のアイデアを、どうやって思いつくんですか?

A;僕の場合「思いつく」というより「たどり着く」という感じです。まずキッカケをつかみます。日常のあらゆるシーンにヒントが転がっています。そしてその種を育てていきます。目で、手で、足で、何日でも考え続けます。作って、壊して、また組み立てて、壊して、まるめて、壊して・・・。最終的に「アイデア」と呼べるレベルに到達させるんです。合格の条件は「シンプルで、わくわくできること」。

Q;親に芸能の道を反対されています。賢太郎さんはどうでしたか?

A;何者でもないあなたを、育て、守ってきてくれた人に対して、自分が何者になりたいのかを伝えるのは、ひとつの責任です。社会人としての第一歩かもしれません。
 自分の才能を相手に証明することはとても難しいことです。しかし、その手だてを考えて実行することこそが「表現を仕事にする」ということ。目の前の大人ひとり説得できないようじゃ、やっていけませんよ。プロの世界に踏み込んだら相手はアカの他人です。それも5人や10人ではありません、何百人、何千人、そのさきには何万人もの観客の厳しい目があるのです。
 かく言う僕だって親には反対されましたよ。今だに才能を認めてもらったとは思っていません。
 親御さん、先生、どうぞ自信を持って反対してあげてください。本当に特別な才能をもった人間は、自分でそれに気がついていて、どんな逆境の中からでも必ず結果を出してきます。逆に親が「うちの子は天才かもしれない」などと物や環境を無尽蔵に与えることは、長い目で見たら本当にかわいそうな事です。彼らの貴重な第一関門を奪っているのですから。

Q;小林賢太郎さんみたいになりたいです。弟子にしてください。

A;お断りします。僕があなたみたいにはなれないように、あなたも僕みたいにはなれません。一流のあなたになってください。

 いかがでしたでしょうか。これは「答え」じゃなくて「返事」です。釘を刺しますが「僕の言ったとおりにすれば大丈夫」だなんて言ってませんからね。「小林賢太郎はこうなのか、じゃあ自分はどうしようかな」と、考えるキッカケにしてください。だって僕とあなたは、それぞれ自立した表現者どうしなんですから。

 新年早々長々と失礼しました。今年もよろしくお願いいたします。

小林賢太郎

「ロールシャッハ」千秋楽

札幌公演が終わりました。
雪の積もる寒い中、沢山のご来場ありがとうございました。

小林賢太郎演劇作品「ロールシャッハ」は、これで全公演終了です。
全国のお客様、ありがとうございました。
支えてくれたスタッフの皆様、本当におつかれさまでした。

そして共演者のみんな、本当に感謝しています。
久ケ沢徹、竹井亮介、辻本耕志、やはり彼らはプロでした。
「演じる」って、技術職です。
決められた脚本と演出の中で、
持てる技術を惜しみなく発揮し、目の前の観客を楽しませる。
そしてそこには「プロの技術」を支える「プロの意識」がある。
これからも僕は、プロと仕事をしよう。
僕も著作者として、演技者として、もっと向上したい。
改めてそう思いました。

「ロールシャッハ」を作り始めたのは2009年でした。
そして、2012年12月23日、大千秋楽。
ここまで4年間、いろんなことがありましたね。
僕たちは、いろんなことを学びました。

壁を乗り越えられるかどうかは、
壁の高さじゃない、自分のあり方なんだ。

きたる2013年、
次の自分を目指すために、
これまで積み重ねて来た事を生かし、
確実に歩を進めていこう。

どうぞよろしくお願いします。

賢太郎

「ロールシャッハ」横浜終了。

横浜公演が終わりました。
ありがとうございました。

観に来てくれた皆さん、これが「ロールシャッハ」です。
初演から数えると、80公演を超えました。
「そのときに出来る、最高のパフォーマンスを」
こう誓い、ミリ単位の改善を重ねて、ここまできました。

あとは札幌公演の2ステージを残すのみ。
最後の最後まで、
もっと、もっと。

賢太郎

上へ
前へ