小林賢太郎より

「ロールシャッハ」今度は大阪です!

strong>

福岡公演へのご来場ありがとうございました。
二日間、短かったけど、充実したステージでした。
福岡の皆さんは、熱かった。
嬉しかったです。

さあ、11月22日~27日、大阪です!
よろしくお願いします。

賢太郎

「ロールシャッハ」もうすぐ福岡!

広島公演、アステールプラザ大ホール、無事終了しました。
1000人規模のカーテンコールはホントに圧巻でした!
ご来場、まことにありがとうございました。

さあさあ、つぎはいよいよ福岡キャナルシティです。
この劇場には以前ライオンキングを観に行ったことがあります。
今度は僕が立つ番だ!ガオー!

賢太郎

「ロールシャッハ」いよいよ広島!

静岡公演を無事に終えた「ロールシャッハ」。
カーテンコールやアンケートなどから、観客の皆さんの興奮をしっかり受け取りました。ご来場ありがとうございました。
次はいよいよ広島。劇場で会いましょう!

賢太郎

「ロールシャッハ」次は静岡!

東京の下北沢で上演した「ロールシャッハ」
本多劇場はこの作品にとっては少しせまいのですが、
このギュウヅメな感じでスタートしたことが、
なんだか良かったように思えます。
毎日少しずつ進化させて、旅立ちの準備は万全。

次はいよいよ見応え充分の大劇場、静岡グランシップ!
ツアー、本格始動です。
お席はあります!ぜひどうぞ!

賢太郎

「ロールシャッハ」本多劇場で上演開始!

下北沢 ノ 劇場 ニ オリ〼

賢太郎

ロールシャッハ、稽古中

 嬉しいことに、エンターテインメントに完成はなく、やればやるほど面白くなる。小林賢太郎演劇作品『ロールシャッハ』凄いことになってきました。10月17日から、全国で順次上演されます。よろしくお願いします。

小林賢太郎

「小林賢太郎テレビ」見逃したら

 NHKオンデマンドで配信されています。「小林賢太郎テレビ・ライブポツネン in ヨーロッパ」「小林賢太郎テレビ4」どちらも、こちらで。
http://www.nhk-ondemand.jp
よろしくどうぞ。

賢太郎

小林賢太郎テレビ4

 「小林賢太郎テレビ4・日本の遊び方」という番組が、9月30日(日)23:30からNHK BSプレミアムで放送されます。書き下ろしのコントや、番組からのお題に答えるコントなど、コントづくしの番組です。楽しいですよ。
 では、日曜深夜に、お茶の間で。

小林賢太郎

パリ公演をテレビでどうぞ

 「小林賢太郎テレビ・ライブポツネンinヨーロッパ」という番組が、9月23日(日)23:30からNHK BSプレミアムで放送されます。パリ公演の様子と、舞台裏を少々ご覧いただけます。
 この公演は、横浜とパリとモナコで上演されました。ですので、日本語が分からないお客様にも楽しんでいただける内容にしました。準備期間から千秋楽まで「言葉とは」「コミュニケーションとは」ってなことばかり考えていました。
 日本語の「コント」と、その語源となったフランス語の「conte」とでは、意味が違います。日本語は「笑いを目的とした寸劇」で、フランス語では「物語」そのものを表します。言葉って面白い。
 「芸人」。辞書には「遊芸や技芸に秀でていて、それを職業とする人」みたいなことが書いてありました。ここには音楽や踊りなんかも含まれるようです。でも一般的に僕達は「テレビなどで活躍している面白い人」という意味で「ゲーニン」を使っていますよね。
 だもんだから、僕が自己紹介をするときに「芸人です」と言っちゃうと、正確に伝わらないかもなあ、と感じてきました。ならば「コメディアン」か?うーん、僕にとってコメディアンって「喜劇役者」のこと。半分以上は裏方である自分が名乗るのはおこがましい。
 パリ・モナコ公演で地元メディアに取材を受けた際、自己紹介が必要でした。僕は通訳さんに相談しました。「何とかカタカナで、日本人にも外国人にも通じる僕の肩書きはないだろうか」と。
 いくつかの候補の中から「パフォーミング・アーティストなら間違いない」ということになりました。なるほど!僕はパフォーマンスを作品とするアーティストです。そのまんまですが、だからこそすんなり言えました。
 自分の仕事に誇りがあるからこそ、責任をもって自己紹介したい。しかしなかなか難しいものですね。みんなどうしてるんだろう。
 では、日曜深夜に、お茶の間で。

小林賢太郎

小林賢太郎4クランクアップ!

 アイデア考えて、台本つくって、練習して、収録する。4年目を迎えた「小林賢太郎テレビ」、汗をかきかき、野良仕事のようにこしらえました。今回のもなかなかの怪しげなコント番組ですよ。「誰だよ小林賢太郎って」とか言いながら、編集室でニヤニヤしてます。放送までおよそ1ヶ月。お楽しみに!

小林賢太郎

上へ
前へ