小林賢太郎より

ポツネン『THE SPOT』新潟公演終了

新潟りゅーとぴあ・劇場にご来場の皆様、
本当にありがとうございました。

4月になりましたね。
会場でもカーテンコールで触れましたが、
新1年生のみなさん、ご入学おめでとうございます。
新社会人のみなさん、ご就職おめでとうございます
全国のお誕生日のみなさん、
彼女ができたヤツ、
茶柱が立った方、
おめでとうございます。
悲しいこともあるけれど、
どんな小さなめでたいことも見逃さないぞ。

次は福岡です。元気にまいります。

小林賢太郎

ポツネン『 THE SPOT 』大阪公演終了

広くてきれいなシアターブリーゼ。。
初めて劇場に来たというお客様がたくさんいらっしゃいました。
とても嬉しかったです。
大阪、1週間8公演、全力で演じました。
細胞が作家からパフォーマーに入れ替わって行くのを感じました。

やって良かった。
やれて良かった。
僕は元気です。
スタッフも元気です。
皆さんも元気そうでよかった。

次は新潟だよ。
楽しみにしてます!

…さて、

ここまで山口、広島、大阪と、
このたびの震災の影響を受けていない地域で上演してきました。
終演後にご協力いただくアンケート、
皆様からのメッセージ、読みました。
そこには、来るのをやめた方のことも書かれていました。
「一緒に来る予定だった私の友達は自粛しました」
日本人は、やさしい。
「こんなときに自分だけ楽しんでいいのかな」
そんなふうに、苦しんでる人を気遣う心を持っている。
これはとても尊いことです。

これから僕の舞台、
またはその他のエンターテインメントに行くことに
後ろめたさを感じていらっしゃる方に、
僕からのメッセージです。

悲しいニュースは事実としてしっかり受け止めましょう。
知ることはとても大切なこと。
ただし被災していない人が疑似被災してはいけません。
前に進める人は立ち止まらずに、どんどん歩き出しましょう。
日本はこれから大きく復興しなくてはなりません。
自粛もひとつの考え方だと思いますが、
経済活動を止めないことはもっと大事です。
日本が本当に元に戻るには何年もかかります。
では、いつどのタイミングで自粛をやめるのでしょう。
元気な人が元気に過ごすことは絶対に正しいこと。
働ける人が休んじゃもともこもない。
日本の経済をどんどん動かしましょう。
僕はそう信じて、
いつもと変わらず、
食べて、飲んで、旅をして、
舞台に立ち続けます。

劇場に募金箱を用意しました。
ご協力よろしくお願いします。
それ以外にも、どんなかたちでもかまいません、
同じ時間を生きる者どうし、
協力して乗り越えましょう。

劇場でお待ちしております。

小林賢太郎

ポツネン『THE SPOT』仙台公演中止に関して

5月18日(水)から20日(金)まで予定されていた、
ポツネン『 THE SPOT 』仙台公演が中止になりました。
仙台市青年文化センターは、
地震によって建物の一部が壊れてしまい、
使用できないのです。
復旧に関してもまだ先のことが分からず、
振替公演の予定を立てることもできません。
前売り券をお求め頂いていた大勢のお客様、本当にごめんなさい。
僕も大好きな仙台で舞台に立つことを本当に楽しみにしていました。
本当に残念でなりません。

今、かわりに出来ることがないか必死に考えています。
どんなカタチになるかはわかりませんが、
なんとか、がんばります。

小林賢太郎

ポツネン『THE SPOT』広島公演終了

アステールプラザへのご来場、
本当にありがとうございました。
5公演、全部が違いました。
これが、ライブです。

次は大阪、がんばります。

小林賢太郎

ポツネン『 THE SPOT 』山口公演終了

とにかく上演できたことに感謝しています。
山口情報芸術センターに来てくれた皆様、
本当にありがとうございました。
この三日間に皆さんが聞かせてくれた笑い声と拍手は、
僕にとってとても特別なものになりました。

次は広島、全力でまいります。

小林賢太郎

僕は舞台に立ちます。

小林賢太郎ライブポツネン2011『THE SPOT』は、
上演が開始されます。

この未曾有の事態に娯楽だなんて、
とのご批判もあると思います。
それでも日本の劇場文化を担う者のひとりとして、
やるべきことだと考えることにしました。
劇場があって、
舞台作品が上演されて、
お客様が来て、みんなで楽しんでいる。
このあるべき姿を貫くことが、
日本の「普通」をつくることだと思いました。
だから僕はいつもどおり、
一切の妥協を許さず全力で舞台をやります。
観たいと思ってくれる人がいるなら、上演したい。
泣いてる人がいるなら、笑わせたい。
今までもそうだったし、
これからもそうです。
劇場で会いましょう。

なお、会場に被災地支援の為の募金箱を設置致します。
お寄せいただいた募金はすべて当公演主催でありますTBSラジオを通じ、
JNN・JRN共同災害募金に送られます。
皆様のご協力をよろしくお願い致します。 
http://www.tbs.co.jp/radio/

小林賢太郎

2011年3月14日現在

上演中の劇場が海沿いということもあり、
心配して下さった皆さんから連絡を頂きました。
僕は無事です。
スタッフもみんな元気です。

3月11日金曜日
僕は自分のアトリエで、その日の公演の準備をしていました。
午後2時46分、地震発生。
はじめはモニターなどの倒れそうなものをおさえてましたが、
揺れが長く、どんどん強くなってきたので、
「これはもうダメだ。逃げよう」
ということになり、避難。
とにかく劇場に向かうことにしました。
途中、車を運転していてもはっきりわかる大きな余震が何度かありました。
劇場に到着すると、
スタッフとすぐにミーティングが行われました。
セットや照明が乱れており上演は出来ません。
余震も続いています。
次々に情報が入ってきました。
東京の交通網が麻痺していること。
そして、東北の被害が甚大であること。
結果、僕らは帰ることができず、
そのまま劇場で一夜を過ごしました。
対岸では千葉県のコンビナート火災が空を赤く染めていました。
翌朝、
東京公演の中止を発表しました。

今後のライブに関して、僕は葛藤しています。
「こんなときに」という思いと、
「こんなときだからこそ」という思い。
僕がやるべきことは何だろう。
僕にしかできないことは何だろう。
表現者として、
人間として、
慎重に考えています。

連日テレビで放送される目を背けたくなるような光景に、
本当に胸を痛めています。
被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
犠牲になられた方々とご遺族の方々に深くお悔やみを申し上げます。
被災地の一日も早い復興をお祈り致します。
避難されている方々、頑張ってください。

日本の皆さん、乗り越えましょう。

小林賢太郎

地震の影響により『THE SPOT』の東京公演は中止になりました。

僕は無事です。
皆様のご無事をお祈り致します。

小林賢太郎

僕は無事です。

地震の影響により『THE SPOT』3月11日(金)の公演は中止になりました。

僕は無事です。
皆様のご無事をお祈り致します。

小林賢太郎

『THE SPOT』全国ツアー、はじまりました。

いよいよ始まったポツネン『THE SPOT』。
これからおよそ3ヶ月間かけて、全国12都市で上演されます。
東京、山口、広島、大阪、
新潟、福岡、静岡、京都、
札幌、仙台、横浜、名古屋。
どこもかしこも楽しみです。

『THE SPOT』はポツネンの集大成です。
音効をつかった一人芝居、
アナグラムとイラスト、
映像と手のパフォーマンス、など。
細工は流々。
劇場でお待ちしております。

小林賢太郎

上へ
前へ