小林賢太郎からのメッセージ

ライブポツネン2010『SPOT』静岡公演が終わりました。
グランシップにご来場のお客様、ありがとうございました。
なんだか奇跡みたいな二日間でした。
何度も上演してるはずなのに、すごく特別な感じがしたのです。
これまでの積み重ねが、結果に繋がってきたんだと思います。
「良いライブでしたね」
終演後、スタッフと交わした言葉です。
感動しました。ありがとう。
静岡って凄いですね。
富士山、お茶、新幹線、蒸気機関車、徳川家康、おでん。
そして見事なソメイヨシノ。
そこはまぎれもない日本でした。
We love JAPAN .
是非また来たいです。
さあ、日本のステージパフォーマー、次は仙台に参ります。
よろしくお願いします。

賢太郎

ライブポツネン2010『SPOT』東京公演が終わりました。
東京グローブ座にご来場のお客様、ありがとうございました。
いや~、盛り上がりましたねえ。
「ああ、ここがホームグラウンドなんだなあ」
なんて感じました。楽しかったです。

「チケットが取れなかった」という声は、
僕のところにも少なからず届いています。
特に東京は激戦区だったそうで。
観たいと思ってくれる人が沢山いるのはとても嬉しいことです。
でもそれに答えられないことは凄く悔しい。
そして本当に申し訳ない。ごめんなさい。
劇場というメディアには良くも悪くも限界があります。
どんなに素敵なものが生まれても、
当たり前ですがそこにいる人にしか伝わりません。
他のメディアに比べて、その声はあまりにも小さい。
でも、だからこその強さがある。なくちゃいけない。
演劇とかお笑いライブとか、
そういう大衆娯楽は開かれたものであるべきです。
興味をもったら、誰でも「すっ」と体験できるよう、
僕たちはもっと考えなくてはいけませんね。

さあ、ツアーは中間地点を超えました。
しっかり磨き上げた『SPOT』を、次は静岡にお届けします。
グランシップで会いましょう!

賢太郎

ライブポツネン2010『SPOT』札幌公演、無事終了。
かでるホールにご来場のお客様、ありがとうございました。
この札幌公演でツアーは23公演を終えました。
舞台は生き物です。
僕が作ったものでありながら、
作品は自ら意思を持って成長を始める。
僕はそれに必死でしがみついて行く。
この奴隷な感じ。
そうだ、この感じ。
これが良い感じなんだ。
僕は大変ですけど、ポツネン氏は涼しい顔をしています。
次は東京公演です。
グローブ座で会いましょう。

賢太郎

ライブポツネン2010『SPOT』神戸公演、無事終了。
新神戸オリエンタル劇場にご来場のお客様、ありがとうございました。
僕、あの劇場が好きです。
客席の座り心地、良かったでしょ?
舞台からの景色もとても良いんですよ。また立ちたいです。
毎晩寝る前にアンケートを読んでます。
皆さんからのライブの感想、メッセージ。
届いてます。感動してます。本当にありがとう。
神戸での8公演は、とても実りあるものになりました。
『SPOT』はどんどん磨かれています。
次の札幌公演が楽しみです!

賢太郎

ライブポツネン2010『SPOT』
福岡公演が終わりました。
ご来場の皆様、ありがとうございました。
実はスタートダッシュの疲れが出たのか、
体調が100点じゃない回がありました。
舞台用の体が仕上がってない。プロ失格です。
ところがライブはとてもうまくいきました。
本番に入ったとたんに絶好調。なぜ!
いかんいかん。こんな不安定さは芸人として未熟な証拠。
自己管理、改めて徹底する事を誓った博多の空。
満員御礼のももちパレスでのスタンディングオベーションは凄い迫力でした!
しっかり受け取りましたよ。
本当にありがとう。

さあ、次は神戸です。
目を閉じて、深く息を吸って。
いくぞ。

賢太郎

小林賢太郎ソロパフォーマンスライブポツネン2010『SPOT』横浜公演。
全部書くと長いタイトルですね。
ご来場の皆様、ありがとうございました。
満員御礼の横浜BLITZ。
充実したスタートを切ることができました。

横浜は僕が育った街です。
公演の合間に街を歩くと、
演劇部員の美大受験生、小林少年の記憶が鮮やかに蘇りました。
行きつけだった店はまだありました。
たまり場だった美大受験予備校はなくなってました。
あの頃の僕は美術とか演劇とか手品とか、それぞれに深く興味を持って、
「さあて、僕の将来はどれなのか」なんて真剣に考えていたもの。
今、その全てが僕のやるべきことになって、
それによってこの街に帰って来ました。
ポツネンさん、
「初心」のもっと前の「種」みたいな気持ちを思い出させてくれてありがとう。

さあ、ハードル上げて行きますよ。
ライブは生き物。『SPOT』がどんなふうに育って行くのか、
僕も楽しみでなりません。
とことん付き合ってやるぜ、ポツネンさんよ。
次は福岡。ももちパレスで会いましょう!

賢太郎

小林賢太郎のコント公演
ポツネン2010『 SPOT 』の上演が決まりました。
2月17日~4月30日まで。
開催都市は、
横浜、福岡、神戸、札幌、東京、静岡、仙台、名古屋、広島。
正月返上でコント工場フル回転。
いいのつくってますよ。
劇場でお待ちしております。

ポツネン

『トゥインクルフェス2009』へ沢山のお運び、
まことにありがとうございました。
将軍も「満足じゃ」だそうです。

2009年、
今年も相変わらずコントの為に使い切った一年でした。
試したかった事を試して、勉強したかった事を勉強して、
2010年までにやっちゃいたかった事は全部やりました。
これで次の一歩を踏めます。

みな様におかれましても、良いお年を。

小林賢太郎

『 ポツネン氏の庭 ~ The spot garden of Mr.Potsunen ~ 』
 が終わりました。
 ご来場のみなさま、ありがとうございました。
 僕にとって半年ぶりの舞台、
 そして10年ぶりのライブハウスでもありました。
 かつて渋谷の小さなライブハウスで必死にもがいていた記憶が一気に蘇りました。
 初心忘れるべからず、本当に大事なことですね。
 セットなし、映像なし、緊張感もあんまりなし。
 ただお客さんの前に登場して、ぽつりぽつりとネタをやる。
 びっくりするほど楽しかったです。
 なにも我慢しなくていい。
 僕が面白いと思う事を考えて、ストレートに、やる。
 当たり前のようで、なかなか叶わないことなんです。
 僕はこの一週間、どんどん考えてどんどん実行しました。
「試される大地」の「試せるハコ」
 僕にとってcube gardenはそんな場所でした。
 またやりたいです。
 寒い中、当日券を待ってくれてたお客様、ありがとうごさいました。
 風邪ひかないようにしてくださいね。
 雪の札幌は本当に美しかったです。

小林賢太郎

こんにちは。
現在小林は『ポツネン氏の庭』を黙々とこしらえております。
今回はこれまでの公演とちょっと違います。
会場は札幌のライブハウス cube garden です。
お客様により近い空間で、やりたいことをやります。
フルコースディナーより少しお手軽なガーデンパーティー。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

小林賢太郎

上へ
前へ