小林賢太郎より

「小林賢太郎テレビ10 “X” 」ご視聴ありがとうございました

 いかがでしたでしょうか。NHK BSプレミアムにて放送された「小林賢太郎テレビ10 “X” 」。なかなか珍しいものができました。
 オンタイムで放送を観ました。一夜明け、ふつう。今、すごいふつう。やり抜いたはずなのに、なぜか達成感がない。それは、まだ客観視できていないからなのか、もう次のことが始まっているからなのか。(はたまたちょっと酔ってたからなのか)
 この番組は、タイトルに自分の名前こそついてますが、僕の著作物というよりは表現者の集まる一軒の小屋のよう。「コント庵」ていうか。
 いつものメンバー、ゲストの皆さん、そしてスタッフのみなさん。みんなが集まってきてくれて、努力と技術が積み重なって成り立っている。だから今僕の中にあるのは「つくった」というより「僕も力になれたぞ」みたいな感覚。コント庵で、みんなでわいわいコント合宿してたみたいでした。
 こういう場を与えていただけるって、本当に贅沢なことです。コント師として、10年かけて映像表現の特訓を受けさせてもらった。そんなふうに思います。とにかく大変だったけど、楽しいこともたくさんありました。みんなありがとう。
 「小林賢太郎テレビ10 “X” 」は、2度見て気づくこともいろいろあるかと。再放送されるかな。待ちましょう。
 ご視聴ありがとうございました!

小林賢太郎

上へ
前へ