スタッフより

「MOE絵本屋さん大賞」に入賞しました。

小林賢太郎が翻訳を手がけた絵本『オレ、カエルやめるや』が、全国の絵本屋さんがおすすめしたい新刊絵本を選ぶ「第11回 MOE絵本屋さん大賞2018」にて、新人賞5位、総合12位に入賞しました。
はじめての邦訳作品、ということで新人賞としても受賞となりました。
発売中の「月刊MOE」2019年2月号(白泉社)に掲載されています。

『オレ、カエルやめるや』はこれまでに、
「第9回 リブロ絵本大賞」入賞
「第2回 未来屋えほん大賞」第2位
「第11回 児童書担当者が選ぶ 子どもの絵本大賞 in 九州」第3位
も受賞しています。

カエル親子の会話が楽しく翻訳されていますので、読み聞かせにおすすめです。
本屋さんで見かける機会も多くなるかと思いますので、どうぞお手にとってみてください。

『オレ、カエルやめるや』(マイクロマガジン社)のサイトはこちら

上へ
前へ